各業者で比較をする

PC操作

これからビジネスを始める場合や、すでにビジネスを始めている場合には、何らかの宣伝方法で商品やサービスをアピールしなければいけません。インターネット上の宣伝方法としては、メルマガが魅力的になります。なぜ魅力的かといえば、一回だけ文章の作成をすると一人に送信する場合も100人に送信する場合も料金が変わらないからです。まるで錬金術のようにたくさんの宣伝を一定の金額で行うことが可能になるでしょう。もし、本格的にメルマガの発行を行う場合には、業者を決めることが重要になります。業者によっては、金額が随分と異なりますので、1カ月当たりいくらになるかを確認しておく必要があります。安いものだと、1カ月当たり\1000ぐらいから利用することができます。この場合、特別なサービスなどはりませんが、1000件ぐらいまでなら一度に送ることが可能でしょう。

どのような仕組みになっているか

Media

これからメルマガを配信する場合にはその仕組みを理解しておくことが必要になります。基本的に、業者はサーバーを持っておりそのサーバーに応じてどれだけのメールを同時に発行できるかは変わってきます。小さなサーバーと大きなサーバーがあり、小さなサーバーの場合には一度にメルマガを送信できる数が限られてきます。500件から1000人ぐらいならば数分の間に送ることができますが、1万通や10万通などのようにたくさん送信する場合は、大きなサーバーでないと対応できないことがほとんどになります。そして、当然ながら大きなサーバーを借りるのは金銭的な負担が大きくなることを考えれば、どれだけの人を相手に送信するかによってコースを決めるべきです。もちろん、途中からコース変更などをすることが可能になるでしょう。ただ、別の会社と契約をし直してしまう場合には、今までの情報がすべて水の泡になってしまうため注意が必要です。

どのようなタイミングで相手に届くか

封筒

メルマガを発行する場合には、それだけたくさんの数を出したいったいいつ相手に届くか問題になります。基本的に、順番に送信していきますが、数がある程度多くてもそこまでタイムラグがある訳ではありません。これに関しては、サーバーの大きさによって変わってくるといえるでしょう。後は、内容が一緒で名前だけを変更することも可能になります。このように、メルマガを発行するときにはあまり手間がかからないのが基本です。文書の内容は必ず自分で考えなければいけないわけですが、業者によってはある程度文章の内容を考えてくれるところがあるでしょう。この場合には、コピーライターを雇うのと同じく1カ月数万円という単位で行ってくれることがあります。

広告募集中